水晶体脱臼〔すいしょうたいだっきゅう〕

 強い鈍的外力がはたらき、水晶体をつっている毛様体小帯の断裂が起こり、水晶体が本来の位置からずれてしまい、視力障害、前眼房出血などが起こります。脱臼した水晶体により前眼房が浅くなり、閉塞隅角緑内障(へいそくぐうかくりょくないしょう)を起こすこともあります。
 状況に応じて、経過観察または手術加療が必要となります。
医師を探す