角膜刺傷・裂傷〔かくまくししょう・れっしょう〕

 刺傷は先端の鋭利な物(針や錐〈きり〉など)が角膜に刺入したときに起こり、角膜内、角膜貫通、水晶体損傷、硝子体(しょうしたい)・網膜損傷など、その強さによって損傷部位の範囲が異なってきます。瞳孔中央ですと視力障害、外傷性白内障や網膜損傷、硝子体出血で視力障害が起こります。
 裂傷は線状または不整形に角膜の断裂が起こり、前眼房消失、傷への虹彩嵌入(かんにゅう)・脱出、外傷性白内障を伴う場合もあります。

[治療]
 外に開いた傷がある場合は、まず広範囲に効く抗菌薬を全身および局所に用いて感染を防がなければなりません。
 外傷性白内障は、そのための視力障害があれば、白内障の手術をおこないます。角膜裂傷に対しては角膜創への虹彩脱出や嵌入(かんにゅう)を防ぎながら縫合(ほうごう)をおこないます。
医師を探す