頬骨骨折〔きょうこつこっせつ〕

 頬骨は、頬(ほお)から耳の前までにある骨です。耳の前方にある頬骨弓(きゅう)だけが折れているタイプと、頬骨全体が骨折するタイプがあります。

【症状】
 頬のはれ、頬のへこみなどがみられます。下顎を動かす筋肉が引っかかると、口が開かなくなります。また、頬骨全体の骨折では、頬や上口唇(じょうこうしん)の感覚障害が起こります。眼球の動きがわるくなって、物が二重に見えることもあります。

【治療】
 頬骨弓の骨折の場合は、側頭部(耳介〈じかい〉の上)を切開します。ここから器具を入れて骨折を戻しますが、一般的に固定はしません。
 頬骨全体の骨折の場合は、上口唇の裏やまつ毛の下などを切開して骨折をもとに戻し、プレートで固定します。
医師を探す