鼻骨骨折〔びこつこっせつ〕

 鼻は顔面の中央で突出しているため、顔面のなかではもっとも頻度が高い骨折箇所です。

【症状】
 多くの場合、骨折の直後には鼻出血がみられます。鼻が低くなる鞍鼻(あんび)や、鼻筋が曲がる斜鼻(しゃび)などの変形がみられ、鼻づまりを起こすこともあります。

【治療】
 鼻の孔(あな)から器具を入れて、骨折の位置を整えます。適切な治療ができなかった場合には、変形が残るため骨切り手術をおこなうことがあります。

【参照】
 鼻の病気:鼻骨骨折
 顔の病気:外鼻の疾患
医師を探す