眼窩壁骨折〔がんかへきこっせつ〕

 眼球が入っているへこんだ部分を眼窩といい、この中には眼球のほかに、眼球を動かす筋肉(外眼筋)や脂肪が含まれています。
 眼窩の骨はたいへん薄いため、殴打やボールなどによる打撲を眼瞼に受けた場合に骨折が起こります。眼窩の下側または内側に起こることがほとんどです。吹き抜け骨折とも呼ばれています。

【症状】
 骨折部に外眼筋がはさまったりすると、眼球の動きがわるくなって、物が二重に見える症状(複視〈ふくし〉)が起こります。これは、両眼で同時に物を見ることができないために起こる症状です。
 また、眼窩内の脂肪が骨折部を通って周囲へ落ち込むと、眼球がへこんだような変形が残ります。


【治療】
 骨折の程度が軽く、複視などの症状がない場合は治療を必要としません。骨折部が大きい場合や、症状がある場合は手術をおこないます。一般的には、骨折部を自家骨(自分の骨)の移植によって再建しますが、近年では吸収性プレートを用いた再建がおこなわれることもあります。
医師を探す