下顎骨骨折〔かがくこつこっせつ〕

 転倒や殴打などの打撲によって起こります。

【症状】
 口が開かなくなる(開口障害)、かみ合わせが合わない(咬合〈こうごう〉異常)などの症状が起こります。

【治療】
 かみ合わせを合わせて治す必要があるため、上下の歯を金属製ワイヤーやゴムで固定する治療(顎間固定:がっかんこてい)をおこないます。骨折の部位や程度によっては、顎間固定と手術をおこないます。

【参考】形成外科:あごの疾患
医師を探す