悪性骨腫瘍〔あくせいこつしゅよう〕

■骨肉腫
 骨肉腫は代表的な骨の悪性腫瘍です。日本では全国で年間200人前後の人が新たに発症すると推定されています。10歳代に発症することが多く、部位別ではひざと肩に多く発生します。

[症状]
 特有な症状はありません。局所の痛みとはれが最初の症状です。成長期の例がほとんどで、またひざに発生することが多いために、成長痛として安易にかたづけられてしまい、発見が遅れることがあり、注意が必要です。

[診断]
 X線検査では、初期にはあきらかな所見がないこともありますが、進行すると境界がはっきりしない骨の破壊像と、その周囲には特有な骨膜反応(骨髄炎)がみられます。これらの所見は骨髄炎とも共通するもので、鑑別がむずかしいこともしばしばあります。そのほかにCT(コンピュータ断層撮影)、MRI(磁気共鳴画像法)、骨シンチグラフィなどの検査が必要です。
 血液検査では血清アルカリホスファターゼ(ALP)が異常高値を示します。ただし、子どもではもともと高値を示します(骨の成長のため)から要注意です。
 以上から骨肉腫を疑い、最終診断は腫瘍組織の一部を手術により採取し、病理検査で確定します(切開生検)が、これは腫瘍専門医がおこなうべき検査です。また、骨肉腫はしばしば肺に転移し、その有無は生命予後や治療方針決定に重要ですから、胸部のX線検査とCT撮影は必須の検査です。

[治療]
 骨肉腫の治療は腫瘍専門医によりおこなわれるべき、高度な専門性を要する領域です。
 治療は薬による化学療法と手術療法の併用療法がおこなわれます。手術は腫瘍用人工関節を用いた患肢温存療法がおこなわれますが、場合によっては切断術を選択せざるをえない場合もあります。近年の治療成績改善はめざましく、初診時に肺の遠隔転移がない場合には5年生存率は80%程度と報告されています。

■ユーイング肉腫
 骨肉腫とともに代表的な子どもの悪性骨腫瘍です。大多数は20歳未満に発症します。男女比ではやや男性に多く、からだ中どの骨にも発生する可能性がありますが、大腿(だいたい)骨と骨盤に多くみられます。

[症状]
 炎症症状が強いのが特徴です。局所の痛み、はれ、熱感がいちじるしく、全身では体温の上昇がみられます。

[診断]
 X線検査では骨の破壊がいちじるしく、虫食い様あるいは浸潤(しんじゅん)性の破壊像で、また骨膜反応(骨髄炎)が顕著で、二重、三重に骨膜反応がみられるたまねぎ皮様(onion-peel appearance)像が特徴的です。CTやMRI検査(画像)は腫瘍の範囲を評価し、治療方針の決定に必須です。
 血液検査では白血球数の増加、貧血、CRP高値、赤沈値の亢進(こうしん)など炎症所見がみられ、骨髄炎との鑑別が必要になります。確定診断は腫瘍専門医による切開生検術によります。


[治療]
 この腫瘍も腫瘍専門医による治療が必要です。化学療法や放射線療法が有効で、手術療法との組み合わせで治療します。最近の報告によると、初診時遠隔転移のない場合の5年生存率は約70%です。
医師を探す