がんの骨転移〔がんのこつてんい〕

 がんは肺や肝臓、脳などの内臓ばかりでなく、骨にも転移しやすいものです。骨に転移すると局所の骨が弱くなって病的骨折を起こしたり、がんこな痛みの原因となったり、脊椎転移では脊髄まひにより歩行障害となったりして、大きな問題となります。時には、もとの原発巣(げんぱつそう)以上に大きな障害の原因となります。
 骨に転移しやすいがんは、肺がん、乳がん、前立腺がん、腎がん、甲状腺がん、肝がん、骨髄腫(こつずいしゅ)、悪性リンパ腫などです。かつてがんの治療を受けた人が、背中や腰、腕や足に持続性のがんこな痛みをうったえ、それがしだいに強まるようなら検査が必要です。
 検査では症状のある部分のX線検査、MRI(磁気共鳴画像法)検査、CT(コンピュータ断層撮影)検査、骨シンチグラフィなどのほかに、胸部X線、胸部、腹部、骨盤のCT検査などにより全身の内臓の検査が必要です。また、もとのがんの種類により特異的に異常のみられる腫瘍マーカーの検査も必要です。
 治療はどの骨にいくつ転移しているか、原発のがんの種類、肺や肝臓など、ほかの内臓へも転移しているかどうかにより異なります。
 肺がんや乳がん、甲状腺がんなど放射線治療が有効ながんでは、まず放射線治療がおこなわれます。放射線治療は除痛効果が高いとされています。乳がんや前立腺がん、骨髄腫、悪性リンパ腫など化学療法が効きやすいがんでは化学療法がおこなわれます。足の病的骨折を起こすと骨がくっつきにくく、歩けなくなってしまいますから手術により骨折部を固定します。脊椎に転移し病的骨折が起こり、それによって鎮痛薬ではコントロールできないような痛みが持続したり、まひが生じた場合には脊椎を補強したり、神経の圧迫を取り除く手術をすることがあります。優れた除痛効果が期待できます。最近では骨転移で溶けた骨を硬化させ、病的骨折を防ぐ薬も使用され、骨転移の治療成績は大きく進歩しています。
 がんこな痛みを緩和するために、モルヒネなどの医療用麻薬を利用します。さらにリハビリテーションをおこない、すこしでも生活のレベルを維持するようにつとめます。
 がんの骨転移の治療は疼痛を除き、運動能力を維持し、QOL(生活の質)を維持することが中心となります。以前はがんの骨転移は末期と考えられがちでしたが、最近の治療法の進歩により5年、10年と長期にわたりがんを管理できるようになってきました。
医師を探す