急性副腎不全〔きゅうせいふくじんふぜん〕

 健常人では1日約20mgのコルチゾールが分泌されますが、感染、手術、外傷などのストレスにさらされたときにはこの数倍が分泌されて生体を防御します。しかし、アジソン病先天性副腎過形成のように副腎機能が低下している場合には、コルチゾールを十分に分泌できず、こうしたストレスに耐えられなくなりショック状態におちいることがあります。副腎に出血が起きたときにもみられます。他の疾患のために副腎皮質ステロイド薬を服用していて、急に中止したときも起こりやすいので注意が必要です。糖質ステロイド薬を服用すると、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)の分泌が低下して副腎が萎縮し、ホルモンを分泌できないからです。
 発症は急激で、疲労感、倦怠(けんたい)感に続き、悪心(おしん)、嘔吐(おうと)、下痢、発熱、低血圧低血糖、進行すると意識障害、呼吸困難などを呈し、放置すれば死に至る重篤な状態です。
 本症が疑われた場合にはただちに、水分、ナトリウム、糖とともにコルチゾールを投与します。原因となる疾患(感染など)があれば、これに対する治療が必要です。
 大切なことは予防です。通常量のコルチゾールを服用している人が前述のようなストレスにさらされた場合には、通常量の数倍のコルチゾールを服用する必要があります。
 副腎皮質ホルモン薬を服用しているときは、その旨を記入したカードを携帯すると緊急時に役立ちます。急性副腎不全が疑われる場合には、脱水に対して生理的食塩水を中心とした十分な量の輸液と糖質ステロイド(コルチゾール製剤)の投与が必要です。
医師を探す