毛嚢と脂腺系の病気

解説
 皮膚表面に脂肪の多いものを脂性(あぶらしょう:脂漏〈しろう〉性)といいます。
 特に頭、顔の中心部(まゆ、まゆの間、鼻の周囲、口の周囲)、胸・背の中央部、手足の曲がる内側、わきの下には脂腺(しせん)が多いので、脂性が目立ってきます。それらの部分は“脂漏部位”と呼ばれて、特に脂漏性の皮膚病が起こりやすいところです。

にきび(尋常性痤瘡)〔にきび(じんじょうせいざそう)〕

赤鼻(酒さ)〔あかはな(しゅさ)〕