赤鼻(酒さ)〔あかはな(しゅさ)〕

 鼻のさき、ほお、あごなど、顔のとびでたところが赤くなり、よく見ると、毛細血管が拡張しています。皮膚は油性光沢をおびます(第1度)。
 さらに進むと、毛口がひろがり、そこに脂肪がつまり、にきびのように丘疹(きゅうしん)をつくります(第2度、酒さ性ざ瘡〈そう〉)。
 ついで、結合組織が増殖して隆起した高まりになってきます。大きい赤鼻です(第3度)。しかし、この型にまでなってくる人はわが国ではほとんどありません。

[原因]
 1.ほてり感、灼熱(しゃくねつ)感を伴うことがよくあります。遺伝的体質も関係し、日光、ストレス、寒冷や温熱、アルコールなどが悪化因子です。
 2.更年期の女性に多くみられます。

[治療]
 1.ミノサイクリンなど抗生物質の内服。
 2.イオウローションの外用。
 3.刺激性食物を避け胃腸をととのえます。寒冷刺激やストレスを避けることも必要です。
 4.レーザー照射によって外から血管をこわします。
医師を探す