補完・代替医療

解説
 近年、アメリカを中心に「補完・代替医療」という概念が登場しています。広くおこなわれている正統的な西洋医学を補完し、それにかわる代替の医療という意味です。その内容を表に示しました。

●NCCIHの補完代替医療の分類
分類と名称内 容
代替医療体系
(Alternative Medical Systems)
伝統医学系統、民族療法(東洋伝統医学〈漢方・鍼灸〉、アーユルベーダ、ユナニ医学など)
精神・身体インターベンション
(Mind-Body Interventions)
瞑想、祈り、心理・精神療法、芸術療法、音楽療法、ダンス療法など
生物学にもとづく療法
(Biologically Based Therapies)
ハーブ、食品、ビタミン、ミネラル、生理活性分子など
整体や身体を基礎とした方法
(Manipulative and Body-Based Methods)
脊椎指圧療法、整骨療法、マッサージなど
エネルギー療法
(Energy Therapies)
気功、セラピューティックタッチ、電磁療法など
NCCIH:National Center for Complementary and Integrative Health(米国国立補完統合衛生センター)
(日本補完代替医療学会 監修:がんの補完代替医療ガイドブック,活用編-3,2006より引用改変)


 漢方治療も補完・代替医療に組み込まれていますが、これはアメリカ文化のなかでの位置づけであり、長い漢方の伝統をもつわが国では、漢方は代替医療ではないと考えられています。