虚血性心疾患

解説
 心臓に酸素や栄養分を供給する血管である冠動脈(冠状動脈)になんらかの異常があり、心筋細胞への血流が低下することにより引き起こされる心臓病を総称して、虚血性心疾患といいます。その代表が狭心症と心筋梗塞です。

(執筆・監修:公益財団法人 日本心臓血圧研究振興会附属 榊原記念病院 循環器内科 住吉 徹哉)