胃切除後症候群

解説
 胃がんなどで胃の切除手術をおこなった場合、胃が小さく、またはなくなったことによりいろいろな症状が出現します。これらを総称して胃切除後症候群、胃切除後障害などといいます。
「胃の手術をして胃が小さくなった場合、胃の大きさはどのくらいたったらもとどおりになりますか」という質問をよく受けますが、手術後何年もたってバリウムによるX線検査をおこなってみても、わずかに胃は大きくなりますが再生してもとの大きさになることはありません。
 したがって、胃の手術をした人は胃切除後にどのような障害が起きる可能性があるかをよく知ったうえで日常生活を送っていかなければなりません。

ダンピング症候群〔だんぴんぐしょうこうぐん〕

逆流性食道炎〔ぎゃくりゅうせいしょくどうえん〕

貧血〔ひんけつ〕