顎骨嚢胞

解説
 嚢胞とは、中に液体や半液体、時にはガスを含んだ、ふくろでおおわれたできものであり、歯の治療時のX線写真で骨の空洞として見つけられることが多いようです。
 小さい初期の時期には無症状に経過しますが、大きくなると周囲の骨の壁をやぶって外からも触れるようになり、自分で気づくこともあります。歯が原因で起こるもの(歯原性嚢胞)と、それ以外のものがあります。

(執筆・監修:JR東京総合病院 院長 髙戸 毅)