その他の嚢胞、嚢胞性疾患〔そのたののうほう、のうほうせいしっかん〕

■術後性上顎嚢胞
 上顎洞(じょうがくどう)根治手術(蓄膿〈ちくのう〉症の手術)のあと、10~20年たってからふくろができるものです。当然ですが、上顎洞根治手術の経験がなければ起こりません。しかし、経験がある場合の発生頻度は比較的高い病気です。

[症状]
 化膿することが多く、また、目や鼻の症状、神経痛のような痛みが出ることがあります。

[治療]
 嚢胞を摘出し、上顎洞根治手術をおこないます。

■単純性骨嚢胞
 原因ははっきりしませんが、外傷に関係していると考えられています。はっきりしたふくろはないことが多く、ほかの顎嚢胞とは異なった発育をしているものと考えられます。症状、治療は濾胞性歯嚢胞と同様です。
医師を探す