治療・予防

のんびりしていて大丈夫?=意外に多い「2人目不妊」

 1人目を出産後、子育てに少し余裕ができたからもう1人と願っても、なかなか妊娠しないケースが増えている。大谷レディスクリニック(神戸市)の大谷徹郎院長は「背景には女性の晩婚化もあります」と話す。

 ◇原発性と続発性

 不妊とは、避妊することなく通常の夫婦生活を続けているにもかかわらず、1年以上妊娠しない状態をいう。不妊には、一度も妊娠経験がない原発性不妊と、一度は妊娠経験を持つ続発性不妊とがある。

 女性側の不妊の主な原因は、(1)卵管が細くなったり詰まったりして、卵管が正常に機能しない(2)卵子が成熟しない、または成熟しても卵巣から外に出られない(3)子宮内腔や内膜に異常があり、受精卵が着床できない―の三つだ。

 大谷院長は「続発性不妊の場合は、第1子を出産後、クラミジアなどの菌による感染症や子宮筋腫、子宮内膜症などの発症が原因となることがあります。また、子育ての忙しさから性交渉の回数が減少することも原因です」と話す。

  • 1
  • 2

新着トピックス