ヘルスコミュニケーションDr.純子のメディカルサロン

日本の喫煙者が肺がん患者に冷たい理由 澤祥幸・岐阜市民病院診療局長

 シドニー国際肺がん学会で(左端が筆者、隣が澤先生)
 海原 ストレスを紛らわせるためにたばこを吸う方が多く、たばこは社会的にこれまで問題視されてきませんでした。むしろ、数十年前までは「たばこも酒もたしなまないのは一人前の男ではない」という社会的風潮もありました。ですから、ストレスをたばこで紛らわして長年過ごしてきた方は、それを否定されるのが許せない思いに陥りやすいのでしょう。どのようにして正しい情報を聞いてもらえるかが問題ですね。また、抱えているストレスにたばこ以外で対処できるような方策を提示することも大事だと思います。

 澤 大切なのは、医学とともにアドボカシーやサバイバーシップ(がん診断・治療後の社会的支援)の成熟した国においては、喫煙率を低下させながら、肺がん患者に対して共感し、支援したいという思いが共有されることです。日本は、経済的にもヘルスケアシステムにおいても先進国の一つですが、国民個々のリテラシー(読み解く力)に関しては、アジアの中でも決して先進国といえない状況です。せっかく教育機会に恵まれた国に住んでいるのですから、高いリテラシーをもって、国民皆で、喫煙にはっきり「ノー」と言い、受動喫煙を完全に許さない社会になってほしいと祈っています。

(文 海原純子)

 澤 祥幸(さわ・としゆき)

 1984年岐阜大医学部卒業。岐阜大医学部付属病院勤務を経て、大阪府立羽曳野病院(現「大阪はびきの医療センター」)で呼吸器学、特に肺がんを研修。93年から岐阜市民病院で肺がんの集学的治療と臨床試験に従事。2006年に日本初のがん薬物療法専門医の一人に。02年から国際肺がん連盟(Global Lung Cancer Coalition)のボードメンバー、14年から世界肺がん学会アドボカシー委員として国際的な肺がん患者支援活動に参画。

Dr.純子のメディカルサロン 「ヘルスコミュニケーション」記事一覧

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会