井上晴洋 医師 (いのうえはるひろ)

昭和大学江東豊洲病院

東京都江東区豊洲5-1-38

  • 消化器センター
  • センター長 教授

内科 消化器科 消化器外科

専門

消化器内視鏡診断学・治療、食道・胃外科学

井上晴洋

井上晴洋医師は、消化器外科を専門としながら内科にも精通し、内視鏡治療の実績を豊富に持つジェネラリスト。早期胃がんへのEMR-C法、食道アカラシアへのPOEM、逆流性食道炎へのARMSなど、内視鏡治療の新しい術式を積極的に開発してきた。国内はもとより、欧州や米国に出かけて手術を行う機会も多い。世界的な内視鏡治療の名医が一堂に会して手術を中継する「東京内視鏡ライブ」のダイレクターを毎年務め、若手医師の育成にも熱意を傾けている。

医師プロフィール

1983年3月 山口大学医学部卒業
1983年 同年東京医科歯科大学第一外科
1984年 都立広尾病院心臓血管外科
1985年 九段坂病院外科
1986年 日産厚生会玉川病院
1991年 春日部秀和病院外科
1995年 米国南カリフォルニア大学(USC)外科、東京医科歯科大学第一外科助手
2001年 東京医科歯科大学第一外科講師、昭和大学横浜市北部病院消化器センター講師
2002年 昭和大学横浜市北部病院消化器センター准教授
2009年 昭和大学医学部教授、国際消化器内視鏡研修センター(SUITE)、昭和大学横浜市北部病院消化器センター兼任
2014年 昭和大学江東豊洲病院消化器センター長・教授
(更新日:2019年2月1日)
横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会