瀬戸泰之 医師 (せとやすゆき)

東京大学医学部附属病院

東京都文京区本郷7-3-1

  • 胃食道外科
  • 科長

消化器外科 外科 がん

専門

胃がん、食道がんの診断と治療

瀬戸泰之

瀬戸泰之医師の専門とする対象臓器は上部消化管。日本はもとより世界でも有名な胃がん・食道がん治療の専門家である。外科手術における高い技術と豊富な知識を持つ。一方、がん性疼痛に対する緩和ケアに関しても先進的な考えも持つ。胃がんや食道がんなど、日々多くの患者の治療に当たり、年間手術数100例以上をこなし、がん治療の最前線で常に戦い続けている。

診療内容

日本における胃がんの死亡者は、年間約5万人とも言われ、かつてはがんによる死亡原因の1位であった。現在でも2位で、実際は他のがんが増えてきているからで絶対数としては減っていないと瀬戸医師は言う。

胃がんのもっともスタンダードな手術は、胃の広い範囲の切除と胃の周りのリンパ節(胃に流れ込む血管に沿うリンパ節)を取り除く手術である。転移による再発を予防するため健康な部分も含め多くの組織を切除する必要がある。それは、まわりについているリンパ節を取るために胃に行く血のめぐりも一緒に取るからだ。リンパ節転移がどこにあるかがわかればもしかして胃を残す事が出来るかもしれないが、今の医学では転移がどこにあるのかまではわからないと言う。
転移などがなければ、胃を全部もしくは3分の2ほど摘出し、食道と小腸あるいは残った胃と小腸を継ぐ方法で食べ物の通り道を再建させる。早期の場合、再発はほとんどない。
胃と同じ上部消化管に分類される食道がんは増加傾向にある。
食道がん摘出手術は、胃がんに比べると困難であり、食道を摘出した後、胃を持ち上げて首につなげることで食べ物の通り道を再建する。場合によっては、胸・腹・首と3ヶ所の切開が必要となる。胃がんは初期のステージではほとんどが根治するが食道がんは再発の可能性が高い。現在、医療機関ではステージ2の患者に対し抗がん剤の追加治療はほとんど行われない。リンパ節に転移のないステージ2は抗がん剤はほとんど効果がないとされているからである。しかし、過去のデータによると3割程度の人が再発傾向にある。瀬戸医師は、その患者に対して再発を抑える目的で積極的に免疫治療に取り組んでいる。同院で注目している『免疫細胞治療』は、人が本来持っている免疫力をさらに強化させて、がんを抑える。体内から一度取りだした免疫細胞を培養して再び体内に戻す治療法である。

また瀬戸医師は、がん性疼痛に対する緩和ケアに関し先進的な考えを持つ。以前は、まず手術や放射線などの治療が行われ、手だてがなくなったと判断された時にはじめて疼痛コントロールを行うのが一般的。治療と並行して緩和ケアを行う医師はいなかったという。
早い段階でも痛みがあれば積極的に疼痛コントロールをすべきと考える。痛みに伴うストレスは免疫力を低下させ、患者のQOL(生活の質)を下げるのはもちろんのこと、がんの進行にも影響がでてくる。疼痛のコントロールにより痛みを取り除ければ免疫力を落とさずに済み、がん治療をアシストすることにもなる。最近は医療用麻薬の種類や剤型が豊富になってきたこともあり、比較的早期の段階から疼痛管理ができるようになった。「患者さんのQOLを守る・維持するために日夜、努力・工夫をしています。主役はあくまでも患者さんです。皆さんも我々と共に闘っていくという強い気持ちを持ってがんと闘ってほしいです」(瀬戸医師)

医師プロフィール

1984年 東京大学医学部 卒業 医学博士
1984年 東京大学医学部附属病院 第一外科
1992年 国立がんセンター癌専門修練医
1997年 東京大学附属病院 第一外科医局長
2003年 癌研究会附属病院 消化器外科医長
2005年 癌研有明病院 消化器外科 副部長
2007年 癌研有明病院 上部消化管 担当部長
2008年 東京大学医学部 消化管外科学教授