外斜視〔がいしゃし〕

 遠くをぼんやり見たり、疲れたときに目が外へ向く状態です。明るいところに出ると目をつぶることもよくあります。常に外斜視の場合、その外斜している目は、弱視や強い視力障害を伴う場合が多くあります。

[治療]
 わずかな外斜視の場合はプリズム眼鏡の使用を、プリズム眼鏡の使えない場合は手術をします。外斜視眼の視力がわるい場合、一時的に両眼がまっすぐになっても、ふたたび外斜することがよくあります。
医師を探す