上下斜視〔じょうげしゃし〕

 物が上下にずれて見えて困ります。もっとも多いものは上斜筋まひによるものです。上斜視となったほうの目と反対側に頭を傾けて物を一つに見ようとする姿勢をとります。上斜筋のほかに下斜筋、上直筋や下直筋、あるいはそれらの筋肉のまひが組み合わさったかたちであらわれます。
 また眼窩(がんか)壁骨折などで筋肉が固定されて動かなくなり、上下斜視を起こすこともあります。
 治療は、原因により異なりますが、プリズム眼鏡や手術による治療をおこなうことがあります。
医師を探す