眼鏡

 眼鏡は眼の健康にとってとても重要な道具です。眼鏡をつくるにあたっては、その目が屈折異常だけで、ほかに目の病気がないことを確かめなければなりません。視力が低下したときに眼鏡店で眼鏡をつくってある程度の視力が出れば、そのまま過ごしてしまいがちです。しかし、見え方の異常の背景に目の病気があった場合は、自覚症状がないまま、目の病気が進行してしまうこともあります。眼鏡調整で視力が上がらなくなってから眼科医を受診しても、病気の種類によっては手遅れということもあります。
 眼鏡をつくるときには、まず眼科医でしっかりした検査をして、視力低下の原因が屈折異常(近視、遠視、乱視)のみであることを確かめてからにしなければなりません。眼科医では目の検査と同時に、眼鏡で矯正(きょうせい)したほうがよいのか、そのほかの治療がよいのか判断して、目にあった処方箋を作成します。
 若い人の場合は遠用眼鏡だけですみますが、40代以上になり、老視(老眼)のために近くが見えにくくなると、近用眼鏡も必要になります。
 遠近を一つの眼鏡でまかなうために、二重焦点レンズ、三重焦点レンズや累進多焦点レンズがあります。累進多焦点レンズは徐々に度が加入されて継ぎ目がなくなったレンズです。正面で遠くよりを見、近くは下方内側の部分のレンズを通して見ることになります。このレンズは縦の線で目を上下に使って遠近を見るには具合がよいのですが、横目を使うときは像がゆがんでしまうため慣れるのに日時がかかります。最近はゆがみが軽減されるようにデザインされたさまざまな累進多焦点レンズもありますので、よく相談してご自身にあったものを選んでください。

医師を探す

他の病気について調べる