脱髄疾患

解説
 神経線維は中心の軸索(じくさく)と、軸索をおおう髄鞘(ずいしょう)からなっています。電線にたとえれば、芯にある銅線が軸索であり、銅線をおおうビニールやプラスチックの被膜が髄鞘ということになります。免疫異常などでこの髄鞘が攻撃され、神経線維がはだかになるのが脱髄疾患です。この結果、神経の伝導がうまくいかなくなり、まひなどがはじまります。そのうちでも多い病気に多発性硬化症があります。遺伝性に髄鞘ができない病気もあり、これを白質ジストロフィー症といいます。

多発性硬化症〔たはつせいこうかしょう〕

急性散在性脳脊髄炎〔きゅうせいさんざいせいのうせきずいえん〕

橋中心髄鞘崩壊、マルキアファーヴァ・ビーナミ病〔きょうちゅうしんずいしょうほうかい、まるきあふぁーう゛ぁ・びーなみびょう〕

白質ジストロフィー症〔はくしつじすとろふぃーしょう〕