特集

血糖コントロール(下)=食品選びが大切

 生活習慣病予防やダイエットのためにカロリーや糖質を極端に制限すると、ホルモンのバランスが崩れ、かえって体に悪影響を及ぼす。「スローカロリー」の基本は血糖をゆっくり上げることだ。脂肪を蓄積しない糖質の選び方や食事の方法も視野に入れている。

 ◇中高生も高血糖

 武庫川女子大国際健康開発研究所が、2007~2008年に女子中高生243人、2009~2010年に男子中高生151人を対象に行った調査がある。空腹な状態で血糖値を測定したところ、高めの数値である100以上の生徒が女子中高生で約16%、男子中高生では約45%という結果が出た。同研究所講師で管理栄養士の森真理氏は「血糖値は食事をすると上がるので、通常、1日のうち食事を3回、間食を午前中に1回、3時に1回とすると、1日のうち5回血糖値が上下する」と指摘する。

 女子生徒の多くは体型を気にしてダイエットを心掛けているため肥満体型は少なく、5人に1人は痩せ型である。だが、瘦せ型であるにもかかわらず、血液検査の結果は血糖値だけでなく、中性脂肪にもまるでメタボリックシンドロームのような高い数値が現れた。体格は肥満ではないが血糖値が120を超えている生徒もいた。最も甚だしいのは、血糖値128だが、BMIは18.2というケースもあった。中性脂肪についても、最大が339でBMIは16.1(身長156.5センチ、体重39.4キロ)という18歳の生徒もいたという。

 森氏は「太ることを気にして食事を抜き、代わりにお菓子や菓子パン、ジュースをちょこちょこ取って済ませる生徒が少なくない。乱れた食生活の影響が血糖値や中性脂肪の数値に現れている。血糖値も中性脂肪も食事の影響を大きく受けやすいので、食習慣を改めるだけでも数値が改善される例も多い。規則正しい食習慣を送る事に気を配る必要がある」と話す。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ