動脈硬化〔どうみゃくこうか〕

 虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)のおもな原因は、心筋に血液を供給する血管(冠動脈)の動脈硬化です。動脈硬化が進むと血管の内腔は狭くなり(狭窄〈きょうさく〉)、壁はかたくもろくなります。動脈硬化症
 動脈硬化は、最初に血管壁のもっとも内側にある細胞(内皮細胞)に傷害が発生し、そこから血管内膜に炎症細胞や変性した脂肪がもぐり込んでいくことから始まります。長時間かけて動脈硬化は進行し形成されていきます。ある調査によると、30~39歳では半分以上の人が、50歳を超えると大半の人が冠動脈に動脈硬化をもっていることがわかりました。

■動脈硬化の危険因子とその予防
 虚血性心疾患などの動脈硬化による病気を予防するためには、動脈硬化の最初の形成過程である血管内皮細胞に傷害を起こさないようにすること、つまり血管内皮障害の原因となる“危険因子”を修正し管理することが重要です。動脈硬化の危険因子には、自分で変更が不可能なものと、治療や自己管理によって変更ができるものに分けられます。
 動脈硬化の危険因子の数が積み重なってふえるにつれ、虚血性心疾患の発生率は急増します。修正が可能な危険因子を自己管理により減らすことが、虚血性心疾患の予防にはとても重要なのです。

●動脈硬化の危険因子
変更不可能な危険因子年齢、遺伝、性別、人種
修正可能な危険因子喫煙、高血圧、脂質異常症、運動不足、糖尿病、肥満



□喫煙
 1日20本以上の喫煙者における心筋梗塞の発症率は、非喫煙者にくらべ女性は6倍、男性は3倍に増加します。心筋梗塞を発症した人でも、その後に禁煙すれば、1年以内の再発率は50%に減り、2年以内には非喫煙者と同じレベルまで発症率は下がります。この効果は、喫煙歴の期間や喫煙本数に関係なく同等です。自分自身の心がけ次第で危険因子を修正することができる禁煙は、もっとも有効な動脈硬化予防法の一つです。
□高血圧
 診察室で測定した最大血圧(収縮期血圧)が140mmHg以上あるいは最小血圧(拡張期血圧)が90mmHg以上の場合を高血圧としています。わが国における高血圧人口は推計4000万人を超えていますが、正常域血圧に降圧できている人はその25%にすぎません。血圧を適切に下げることは動脈硬化による病気を予防するために大切ですが、降圧薬をのんでさえいれば大丈夫という考えは危険です。血圧管理にとって家庭血圧を測定し記録することは診察室の血圧よりも大切です。そして塩分やアルコールのとりすぎを控え、適正な体重の維持、運動不足を避けるなどの生活習慣の管理は薬以上に大切です。高血圧症
□脂質異常症
 単に血液検査で脂質の値が高い「高脂血症」とは意味合いが違い、血中の脂質値が異常のため動脈硬化による病気が発症しやすい状態を「脂質異常症」といいます。血液には、種々の脂質が存在していますが、動脈硬化の危険因子を考える場合にはコレステロール値に注目します。
 HDLコレステロールは、からだの末梢組織の余分なコレステロールを肝臓に戻すはたらきをしており、“善玉コレステロール”と呼ばれます。いっぽうLDLコレステロールは、肝臓から末梢組織へコレステロールを運ぶはたらきがありますが、血液中に過剰に存在すると血管内膜を傷つけるため“悪玉コレステロール”といわれます。脂質異常症に関する代表的な疫学研究では、LDLコレステロールが1%下がる、あるいはHDLコレステロールが1%上がるだけで、動脈硬化性の病気の発症を2%減少できると報告しています。脂質異常症
□運動不足と肥満
 運動習慣のある人は動脈硬化による病気の発症が少ないというのはひろく知られた事実です。身体活動の増加は、糖や脂質の代謝の効率を上げ、血管の柔軟性を保ち血圧低下につながります。軽度から中等度の運動が効果的とされており、「ややきつい」程度が推奨されます。1日30分以上を週に3回以上(できれば毎日、週180分以上)を目指しますが、ご自身の体調や天候などにより適宜調整し、決してむりのない範囲で継続することが大切です。
 肥満のうち、特に内臓に脂肪が蓄積する内臓肥満は、動脈硬化の強い危険因子となります。日ごろから適正体重を維持する食生活と、定期的な身体活動をおこなう心がけが大切です。
医師を探す

関連トピックス


厚労省記者クラブから

2018/07/23
血管のオートファジー機能低下が動脈硬化進展や大動脈痛形成を促進する

順天堂大学