インスリン

■インスリン作用低下で糖尿病
 インスリンは膵(すい)臓のランゲルハンス島といわれる部分から分泌され、血糖値を低下させるホルモンです。
 必要なインスリンが分泌されなくなると血糖値が上昇し、糖尿病が発症しますが、インスリンが分泌されていても十分に作用が発揮できずに、糖尿病状態になってしまう場合もあります(インスリン抵抗性)。
 ぶどう糖負荷試験のときにインスリンを同時に測定すると、より詳細に病態がわかります。

■基準値:3~12μU/mL

■検査結果から疑われる病気
 高値の場合には、次のことが考えられます。
 2型糖尿病の一部、肥満、先端巨大症、クッシング症候群(副腎コルチゾール産生腫瘍参照)、肝疾患、インスリノーマ、インスリン自己免疫症候群
 低値場合には、次のことが考えられます。
 1型糖尿病、2型糖尿病の一部、膵疾患、副腎不全、下垂体機能低下症、長期の飢餓

関連トピックス


厚労省記者クラブから

2019/04/09
2 型糖尿病におけるインスリン抵抗性がアルツハイマー病脳の アミロイド蓄積を促進するメカニズムを解明

東京大学/日本医療研究開発機構

2018/07/02
<新発売> 「ヒユーマログ注ミリオペンHDJ ーディスポーザブルタイプのインスリン製剤で初めて0.5 単位刻みで投与量調節が可能に 一

日本イーライリリー株式会社

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会