治療・予防

食品が媒介する寄生虫症=肉、魚はよく焼き、しっかり火を

 寄生虫は、普段私たちが食べている生鮮魚介類にもいることがあり、生きたまま食べると腹痛や下痢を引き起こす恐れがある。寄生虫による食中毒の予防のポイントについて、杏林大学医学部感染症学講座(東京都三鷹市)の小林富美恵教授に聞いた。

 ◇鮮度の良さがリスク

 寄生虫には、多数の細胞から成り、目視できる「蠕虫(ぜんちゅう)」と、一つの細胞から成る目視できない「原虫」がいる。蠕虫で国内の感染者が多いのが「日本海裂頭条虫(にほんかいれっとうじょうちゅう)」やアニサキスで、幼虫が魚介類の筋肉に入り込んでいたり、内臓表面にいたりすることがある。

 日本海裂頭条虫は1~2センチの幼虫がマスやサケに寄生している。それらを生きたまま食べると、小腸上部で10メートルに達するほど成長。排便時に肛門から成虫の一部が垂れ下がり、発見に至るケースが多い。アニサキスはサバずし、イカの生食などでの感染者が多く、突然強い腹痛に襲われる。

 原虫に関しては、「ヒラメの刺し身を食べて腹痛や下痢に見舞われる『謎の食中毒』の原因が、最近になってクドア(粘液胞子虫)であることが分かりました」と、小林教授は話す。

 冷蔵保存と輸送の技術が進んだことで、鮮度の良い魚がすし店や小売店に並ぶ。一方、寄生虫が生きたまま口に入る機会も増えており、生肉や生魚はよく焼いてしっかり火を通す必要がある。また、マイナス20度以下で48時間以上冷凍しても、多くの寄生虫は死滅する。

  • 1
  • 2

新着ピックアップ