マラリア〔まらりあ〕

 マラリアの流行地は、アフリカ、南米、東南アジアなどの熱帯・亜熱帯地域で、年間3億~5億人が発病し、150万~270万人が死亡していると推定されています。流行地への渡航者の関心や予防法の徹底によって、日本人のマラリア感染はすこし減少しています。
 マラリアには熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵形マラリアの4種類がありますが、死亡する悪性のマラリアは熱帯熱マラリアだけです。
 いずれもハマダラカに刺されて感染します。

[症状]
 カに刺されて感染すると、まず肝臓で2週間くらい発育・増殖します。その後、マラリア原虫は赤血球に寄生し、周期的な発熱、貧血、脾腫(ひしゅ)を起こします。
 発熱の周期はマラリアの種類によって異なり、三日熱マラリアと卵形マラリアは48時間、四日熱マラリアは72時間、熱帯熱マラリアはおおよそ48時間ごとに発熱がみられます。
 熱帯熱マラリアは、インフルエンザと間違えられやすいですが、最初の発熱があってから5日以内に適切な治療を開始しないと、脳性マラリア、出血症状、神経症状、腎不全などを併発して死にいたることもあります。三日熱マラリアと卵形マラリアは治ってからもたびたび発熱をくり返すことがありますので、肝臓で眠っているマラリアも治療してください。

[治療][予防]
 特殊な薬が必要ですので、専門の医師に相談してください。そのとき、医師に熱帯・亜熱帯の海外から帰国したことを必ず伝えましょう。滞在した地域によって、効く薬が異なることがありますので必ず医師に伝えてください。予防としては、カに刺されないように気をつけることです。
医師を探す