足の悩み、一挙解決

第7回 「強剛母趾」を知っていますか
~親指付け根の痛み、痛風とは限りません~ 足のクリニック表参道院長 桑原靖

 親指の付け根に痛みを感じて医療機関を受診すると、痛風と診断されることが多いのですが、それ以外に「強剛母趾(ぼし)」という足トラブルの可能性もあります。

 歩くときに痛くて、踏み返しができない、靴が履けないなど、日常生活に大きな支障を来します。中には、無意識のうちに親指をかばって歩き、他の場所が痛くなって受診される方もいらっしゃいます。

 ◇始まりは制限母趾

 足の親指の関節のかみ合わせが悪くて、正しく踏み返せないことを「制限母趾」と呼びます。外反母趾も強剛母趾も、最初は制限母趾から始まります。

 制限母趾で多少の痛みがあっても、動かさないわけにはいかないので、無理やり曲げて、踏み返しながら歩くわけです。その無理な力を逃がすために、関節が外れていくと外反母趾になり、外れることができず、炎症を繰り返して徐々に関節が壊れていくと、全く動かない強剛母趾になります。

左は正常な状態

 この両者の違いはどこにあるのか。手と同様、足の親指も他の4本の指とは異なり、比較的自由な方向に動く構造をしています。制限母趾の人は、もし関節構造が柔らかく(グニャグニャ足)、水平方向に動くことができれば外反母趾(関節脱臼)、できなければ強剛母趾(関節破壊)へと進行することになります。

 強剛母趾になると、関節の軟骨が擦り減って、骨同士がこすれ合い、炎症を起こして痛みが生じます。制限母趾の段階で症状が軽ければ、インソールを使って足のアーチを整え、正しい歩き方を身に付けることで改善されていきます。

 長期にわたって炎症が続くと、異所性骨化といって、骨の周囲の組織が硬くなり、これが関節にくさびを打つかのように大きくなるため、指を全く動かすことができなくなってしまいます。


  • 1
  • 2

足の悩み、一挙解決

横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会