過多月経〔かたげっけい〕

 過多月経は、月経血量が異常に多いもの、と定義されていますが、具体的な量の定義はありません。
 器質性の疾患を原因とするものとしては、子宮筋腫によるものが多く、ほかに子宮内膜過形成、子宮内膜ポリープ、子宮内膜炎、子宮内避妊リング(IUD)などの子宮内異物があります。
 また、血小板減少症や全身性疾患に伴う出血傾向なども原因となります。
 エストロゲン産生過剰による子宮内膜の異常増殖や自律神経系の失調も過多月経を起こします。過多月経が続くと貧血になることがあり、貧血の治療が必要となります。器質的な疾患に対しては、手術やホルモン療法が、ほかの原因によるものにはホルモン療法がおこなわれます。
医師を探す

関連トピックス