ヘルパンギーナ

 コクサッキーウイルスの感染によるものです。乳幼児の軟口蓋(なんこうがい)から扁桃(へんとう)にかけて小水疱(すいほう)がみられ、すぐにやぶれて潰瘍を形成します。そのためのどの痛み、嚥下(えんげ)障害がありますが、対症療法のみで治ります。
 咳やくしゃみ、つばなどに含まれるウイルスによって飛沫感染したり、水疱の内容物や便中のウイルスが手などを介して、目や口などの粘膜から感染します。

【参照】
 子どもの病気:ヘルパンギーナ
 感染症:ヘルパンギーナ
医師を探す

関連トピックス


横浜市立大学医学部医学科同窓会 倶進会