ヘルパンギーナ〔へるぱんぎーな〕

 口腔粘膜に特有の小さな水疱(すいほう)と発熱を主症状とする夏かぜの一種で、コクサッキーウイルスA群を中心としたエンテロウイルスの感染により起こります。
 通常は、予後(病気の経過についての見通し)は良好ですが、まれに無菌性髄膜炎を併発することがあるので、発熱に頭痛、嘔吐(おうと)、けいれんといった症状を伴っている場合は注意が必要です。

【参照】子どもの病気:ヘルパンギーナ
医師を探す

他の病気について調べる

関連トピックス