天疱瘡〔てんぽうそう〕

 皮膚や粘膜に比較的大きな水疱(すいほう)が出現するもので自己免疫疾患とされています。水疱はやぶれやすく、広範囲にびらんを形成します。いったん治癒しますが、再発します。このような臨床経過をとるものを尋常性天疱瘡といいます。
 まれなものですが、中高年に多く、皮膚に先行して口蓋(こうがい)、ほお粘膜、舌などにみられます。治りにくく、予後不良なことがあります。
 治療は副腎皮質ステロイド薬の全身投与、2次感染防止のため抗生物質の投与がおこなわれます。
医師を探す

関連トピックス