特集

手足口病やプール熱、子どもの感染症=接触、飛沫で大人にも

 ヘルパンギーナ、手足口病、咽頭結膜熱(プール熱)などの感染症は毎年夏になると流行する。アウトドアで肌を露出したり、プールに入る機会が増えたりすると、子どもを中心に広がり大人にもうつる。完治しても家族間で感染を繰り返す危険性も。この季節の主な疾患について、感染経路や治療、予防法などのポイントを押さえておこう。


 ◇ヘルパンギーナ

 夏風邪の代表格ヘルパンギーナは例年7月がピーク。病原体はコクサッキーというウイルスで、患者は4歳以下の乳幼児が多いが、看病する大人も接触、飛沫(ひまつ)から感染する。

 小児感染症に詳しい東京医科大学病院小児科の河島尚志医師は「感染すると喉が真っ赤に腫れて痛み、38~39度ぐらいの熱が出る。吐き気やだるさに加え、痛くて食べ物が喉に通らず、食欲もなくなる」と話す。

 解熱剤などの対症療法以外はなく、治療法について河島医師は「熱が下がり症状が治まるまで、水分と栄養を補給しながら安静にしていれば、2~4日で回復し、7日以内には完治する」と説明する。

河島尚志医師

新着ピックアップ