陰嚢水腫〔いんのうすいしゅ〕

 陰嚢水腫(いんのうすいしゅ)とは男児の陰嚢がはれるヘルニアに似た先天性の病気で、ふくろの中には水がたまっています。

 胎児期の睾丸(こうがん)は腹腔(ふくくう)内と交通している膜で包まれていますが、出生時には睾丸周囲のスペースと腹腔内とを連絡していた交通路は自然に閉塞し、睾丸周囲のスペースは腹腔とは完全に分離するのがふつうです。ところが、この交通路が出生後にも腹腔内とつながりを保ち続け、腹腔内の水分(腹水)が交通路を通じて睾丸周囲のスペースにたまってはれたものが陰嚢水腫(水瘤〈すいりゅう〉とも呼ばれます)です。
 たまたま交通路のいちばん睾丸に近い部分のみで閉じれば、睾丸より上の交通路の拡張が起こり、陰嚢よりも上の鼠径(そけい)部の腫脹をきたします(精索〈せいさく〉水腫)が、本質的には陰嚢水腫と同じ病態です。懐中電灯で照らすと、赤く透けて見えます。
 陰嚢水腫や精索水腫はヘルニア(脱腸)と違い、ふくろと腹腔との間が交通していませんから、腸が出入りしないため、嵌頓(かんとん)を起こす心配がありません。生命に危険のない病気です。
 陰嚢周囲の水は3~5歳までに大多数が自然に吸収されて自然治癒しますので、異常に巨大な例(圧迫で破裂する危険があります)を除いて手術せずに小児外科外来で経過を観察します。針で水を抜く方法はすぐに再発しますし、睾丸にいく血管や精管を誤って刺して傷つけたり化膿の原因になる可能性があるので、いまではあまりおこないません。
医師を探す