佐田尚宏 医師 (さたなおひろ)

自治医科大学附属病院

栃木県下野市薬師寺3311-1

  • 消化器センター外科部門(消化器外科)
  • 病院長
  • 主任教授

消化器外科 外科

専門

膵がん・胆道がんの治療、急性膵炎および慢性膵炎の診断・治療、内視鏡手術

佐田尚宏

体の奥深くにあり、高度な技術が必要とされる膵臓・胆道の手術。佐田尚宏医師は、合併症が多く難しいとされる膵臓手術(膵頭十二指腸切除術など)に力を入れ、消化器がんのなかで最も予後の悪い膵がんの生存率向上をライフワークとしている。急性・慢性膵炎にも詳しく、「慢性膵炎診療ガイドライン2015・2021」「急性膵炎診療ガイドライン2015」の作成に携わる。一方、教授として103名(2021年10月現在)を率いる外科学講座消化器一般移植外科学部門では、外科医の診療環境の効率化、勤務環境の整備に取り組み、「mortality(死亡率) 0, morbidity(合併症) 0」を掲げ、多くの関連病院に医師を派遣し、提供する医療の質の均てん化を目指している。さらに、病院長として、医師の働き方改革、地域医療構想の実現、医師偏在対策の三位一体改革に力を尽くしている。

診療を受けるには

他医療機関からの紹介状が必要。佐田医師の肝胆膵外来担当は、月曜の午前、木曜。

医師プロフィール

1960年1月21日生まれ
1984年 東京大学医学部卒業
1984年 東京大学医学部第一外科 研修医
1994年 東京大学医学部第一外科 助手
1994年 ドイツDuesseldorf大学消化器科 客員研究員
2000年 自治医科大学消化器・一般外科 講師
2003年 同 助教授(准教授)
2007年 自治医科大学鏡視下手術部、消化器・一般外科 教授
2015年 自治医科大学消化器・一般外科 教授(教室主任)
2015年 自治医科大学附属病院 病院長

所属学会

日本外科学会 理事・代議員・指導医・専門医、日本消化器外科学会 指導医・専門医、日本消化器病学会 財団評議員・指導医・専門医、日本内視鏡外科学会 評議員・技術認定医、日本肝胆膵外科学会 評議員・高度技能指導医、日本膵臓学会 理事・評議員・学会誌編集委員長・指導医、日本胆道学会 評議員・指導医

主な著書

『ドレーン&チューブ管理マニュアル 改訂第2版』2019年,学研メディカル秀潤社
『診断が困難な慢性膵炎・膵癌症例アトラス』2014年,アークメディア
『あなたのクリニカルパスは安全ですか? ―安全な医療構築のための自治医科大学消化器・一般外科方式クリニカルシステム』2006年,医薬ジャーナル社

【論文】
1. Sata N, Koizumi M, Kaneda Y, Ishiguro Y, Kurogochi A,Endo K, Sasanuma H, Sakuma Y, Lefor A, Yasuda Y. Extraduodenal Papillectomy: A feasible alternative method of total papillectomy. J Gastrointest Surg 2014;18: 858-864

2.Sata N, Kurashina K, Nagai H, Nagakawa T, Ishikawa O, Ohta T, Oka M, Kinoshita H, Kimura W, Shimada H, Tanaka M, Nakao A, Hirata K, Yasuda H. The effect of adjuvant and neoadjuvant chemo(radio)therapy on survival in 1,679 resected pancreatic carcinoma cases in Japan: report of the national survey in the 34th annual meeting of Japanese Society of Pancreatic Surgery. J Hepatobiliary Pancreat Surg 2009;16:485-492

3.Sata N, Shimura K, Koizumi M, Nagai H. A new 3-D diagnosis strategy for duodenal malignant lesions using multidetector row CT, CT virtual duodenoscopy, duodenography, and 3-D multicholangiography. Abdom Imaging 2007;32:66-72

4.Sata N, Koizumi M, Nagai H. Alcoholic pancreatopathy: a proposed new diagnostic category representing the preclinical stage of alcoholic pancreatic injury. J Gastroenterol 2007;42(suppl17):131-34

5.Sata N, Klonowski H,Han B, Luethen R, Haessinger D,Niederau C. Supraphysiological concentrations of caerulein induce apoptosis in the rat pancreatic acinar cell line AR4-2J. Pancreas 1999;19:76-82

医師発信欄

自治医科大学外科学講座 消化器一般移植外科部門:https://www.jichi.ac.jp/usr/surg/
(更新日:2021年11月4日)

同じ疾病を専門とする医師一覧