糖尿病とは

解説
 糖尿病という病気は、誰でも知っている病気の一つです。アトピーとか、喘息(ぜんそく)とか、花粉症などという名前と同じくらい、誰もが知っている病気の名前です。どういうふうに知られているかというと、血糖が上がる病気だ、たくさん食べるとなる病気だ、太るとなりやすい病気だ、というくらいでしょうか。
 「糖尿病はインスリンの作用不足に基づく慢性高血糖状態を主徴とする代謝疾患群である。その発症には遺伝因子と環境因子がともに関与する。代謝異常の長期間にわたる持続は特有の合併症を来たしやすく、動脈硬化症をも促進する。代謝異常の程度によって、無症状からケトアシドーシスから昏睡に至る幅広い病態を示す」と日本糖尿病学会糖尿病診断基準検討委員会の報告書(2010年)に、糖尿病の疾患概念を書いてあります。
 表に、糖尿病の特徴をまとめました。

 厚生労働省は国民栄養調査に合わせて、数年に1回、糖尿病実態調査をおこなっています。
 最近の糖尿病実態調査を見ると、「糖尿病が強く疑われる人」(糖尿病の人と考えてよい)は約950万人、「糖尿病の可能性を否定できない人」(糖尿病の一歩手前の人、予備群)は約1100万人、合計2050万人が糖尿病またはその予備群であると推計されました。これは生まれたばかりの子どもたちも含めて5~6人に1人が糖尿病またはその予備群であることを意味しています。特に糖尿病の発症しやすい年齢である中年以降に限れば、その比率はさらに高くなります。

 糖尿病は、当初は痛くもかゆくもない病気です。通院継続がもっとも困難な病気かもしれません。実際に「糖尿病が強く疑われる人」の約半数しか診療機関を訪れていません。多くの人は糖尿病と診断されても放置したままです。糖尿病は長期間血糖値が高いことが将来の慢性の合併症を引き起こしてきますので、放置していることがいちばんの問題です。

糖尿病の成因にもとづいた分類

インスリン依存型・非依存型と1型・2型

糖代謝とインスリン