血管腫・血管奇形

解説
 血管腫・血管奇形のほとんどは原因が不明です。これまでは両方をまとめて「血管腫」と呼ばれていましたが、新しい国際的な分類(ISSVA分類)では、血管性腫瘍と血管奇形に分類されています。
 血管性腫瘍は、細胞(おもに血管の内皮細胞)の増殖により発育しますが、多くは自然に消失します。(血管性腫瘍
 これに対して、血管奇形は血管壁などの形成異常によって、血管が異常に拡張した状態です。自然に消失することはなく、逆に増大することがあります。毛細血管奇形静脈奇形動静脈奇形リンパ管奇形に分類されています。