動静脈奇形〔どうじょうみゃくきけい〕

 動静脈奇形は、動脈と静脈が直接つながっている疾患であり、病変の血流が異常に増加します。このため、赤黒く変色し、拍動や熱感を伴います。

【治療】
 手術による治療は、大出血を起こすことがあります。そのため、塞栓療法、硬化療法、手術などを組み合わせて治療します。

(執筆・監修:埼玉医科大学 教授〔形成外科・美容外科〕 時岡 一幸)
医師を探す