皮膚のおもな病気

中毒性の皮膚病(中毒疹、薬疹)

紅皮症〔こうひしょう〕

神経線維腫症〔しんけいせんいしゅしょう〕

コラム

皮膚病と入浴

 皮膚をたえず清潔にしておくことは、皮膚の衛生上だけでなく、皮膚病の予防のうえでも大切です。
 皮膚科医は皮膚病のときの入浴を禁じていませんが、せっけんの使いかたが大切です。病気の部分をあまりせっけんで強くこすらないこと。使ったあと、せっけんをよく洗い流す必要があります。そうでないと、皮膚の表面、ことにひだにせっけんが残って、これが汗により分解され、出てくるアルカリに皮膚が刺激されるのがわるいのです。一般に皮膚はアルカリに弱いのですが、皮膚病のときは皮膚が敏感になっているので、この害が目立ってくるわけです。
 そうすると、入浴の害を防ぐには2つの方法があることがわかります。一つは、入浴したあと、せっけんが皮膚に残っていないよう、よく水で洗い流すこと。そのためにはシャワーを使うのがもっともよいといわれています。せっけんを使わずに、できるだけ新しい風呂に入り、そのあとをやわらかいタオルで、こすらずに、たたくようにして皮膚を乾かすのもよい方法です。温度はあまり熱くなく、なまぬるい湯のほうが適当です。
 もう一つは、せっけんと違って、同じ洗浄力があっても、アルカリを遊離しない中性せっけんを使うことです。しかし、これは皮膚表面の脂肪分を除く力が強く、しょっちゅうくり返していると脂気がなくなり、かえって皮膚がカサカサすることもあります。
 せっけんのなかでは、色のない、香りのないものを選びます。これに代わるものとして、最近は湿疹(しっしん)のために無刺激性の特別のせっけんが販売されていますので、できるだけこれを使うように皮膚科医はすすめています。
 特に乾性の皮膚の人(高齢者には多い)では、せっけんを使ったあとは、親水軟膏(なんこう)をよくすり込んで、少なくなった皮膚の脂肪分を補うようにすることを心掛けましょう。