神経系の感染症

解説
 神経系の感染症には、脳そのものに炎症が起こる脳炎と、脳表の軟膜、くも膜、硬膜に主として炎症が起こる髄膜炎の2種類があります。炎症を起こす病原微生物には細菌、ウイルス、カビの一種の真菌、梅毒などのスピロヘータ、結核菌やウイルスよりも微小なプリオンなどさまざまで、それぞれ特徴的な症状を示します。
 ここでは日常多い脳炎と髄膜炎を中心に解説します。

脳炎〔のうえん〕

髄膜炎〔ずいまくえん〕

エイズ脳症〔えいずのうしょう〕

HAM(成人Tリンパ球性白血病ウイルスによる脊髄症)〔HAM(せいじんTりんぱきゅうせいはっけつびょうういるすによるせきずいしょう)〕

プリオン病〔ぷりおんびょう〕

脳膿瘍〔のうのうよう〕