治療・予防

セルフケアで予防を―巻き爪
歩き方など生活習慣を見直す 埼玉県済生会川口総合病院皮膚科 高山かおる主任部長

 足の爪の両端が内側に巻き込んだ状態になる「巻き爪」。炎症を起こしたり、痛みの原因となったりすることもある。予防には、爪を正しく切り、足に合った靴を履き、正しい歩き方をすることが大切だ。軽症ならセルフケアで改善できる。埼玉県済生会川口総合病院(埼玉県川口市)皮膚科の高山かおる主任部長に聞いた。

正しい足の爪の切り方

 ▽構造的に巻きやすい

 立ったり歩いたりすると足の指先に体重がかかる。その際、地面から上向きの圧力が加わるが、指先を支えて補強する役割を担っているのが爪だ。

 もともと爪はやや湾曲した構造をしているが、これは立ったり歩いたりして地面からかかる強い力を受け止めるためであり、力が十分にかかると平らになる。

 巻き爪はさまざまな原因で起こるが、高山主任部長は、深爪などの間違った爪の切り方、足に合わない靴の着用、外反母趾(ぼし)の変形、足の指を使わない歩き方(ペタペタと歩く)などの生活習慣を挙げる。

 例えば、深爪の場合、地面から指先に力が加わると、爪の先の皮膚が盛り上がる。すると、爪は真っすぐ伸びることができず、両端が内側に巻くようになる。

 爪の角を斜めに切り込む切り方も、両端の皮膚が盛り上がり、爪が巻きやすくなる原因となる。外反母趾があると親指が内側に倒れやすく、倒れた側の爪に過剰な力がかかるため、爪が真っすぐに伸びず、巻き爪になりやすい。寝たきりで足指を使わない高齢者でも多く見られるという。

 ▽地面を踏みしめて歩く

 巻き爪になり、軽度で痛みがある場合は、テーピングをすると痛みを軽減できる。爪の際にテープを貼って皮膚を引っ張り、巻いている爪と皮膚の間に隙間を作るのがポイントだという。

 予防には正しい爪のケアを行うことが重要だ。「爪の長さは指先と同じくらいの長さが適切です。刃が直線の爪切りを用い、爪の先を真っすぐに切ります。角はやすりで整えて、少しだけ丸くしましょう」。爪を切る頻度は1カ月に1回が目安だ。

 また、足指をしっかり使う歩き方を心掛けること。かかとから着地し、爪先を正面に向けて、真っすぐ足を出し、足裏全体に体重を乗せて、最後は足指をしっかり使って歩くとよい。靴を選ぶ際には、シューフィッターなどに相談して足に合ったものを探したい。

 なお、巻き爪は病名ではなく、爪が巻いた状態を指し、自由診療が基本となる。「医療機関を受診する際は、巻き爪の矯正を掲げている施設を探してください。炎症を起こしていなければ、まずはフットケアサロンなどで相談してみるのもよいでしょう」とアドバイスする。(メディカルトリビューン=時事)(記事の内容、医師の所属、肩書などは取材当時のものです)


新着トピックス