話題

新制度を確固たるものに
~渡辺新理事長が所信表明―日本専門医機構~

渡辺毅理事長

 日本専門医機構の渡辺毅新理事長は4日、就任後初めて記者会見し、「新しい専門医制度を確固たるものにしていくことに力を尽くしたい」と抱負を述べた。併せて、新体制で副理事長を含め理事に過去最多となる女性7人が就任した点を挙げ、「女性の意見を取り入れていくことが大きな課題だ」と語った。

 渡辺理事長は、新制度で導入された基本領域とサブスペシャルティ領域について、「基礎固めはできた」と指摘。一方で、数が多いサブスペシャルティ領域に関しては、資格認定水準の統一に向け議論を深める必要性に言及した。国内の医師の偏在問題では、シーリング制度が地域格差の縮小に効果を発揮しつつあると評価し、その動きをさらに拡大する必要性を強調した。(了)


新着トピックス