話題

生活の質低下、成人アトピー=意識調査が示す患者の不満

 アトピー性皮膚炎は子どもに多いというイメージが強い。しかし、最近の調査によると、約45万6000人の患者のうち19歳以下は36%にとどまり、20歳以上の患者が圧倒的に多く、仕事や日常生活における負担は大きい。アトピー性皮膚炎治療研究会の世話人を務める幸野健・日本医科大千葉北総病院教授が講演し、患者意識調査を基に患者が抱える悩みや医師側の問題点などを解説した。

 ◇第2位の皮膚疾患

 「アトピー性皮膚炎は、良くなったり、悪くなったりを繰り返すしつこい病気。皮膚疾患で2番目に患者数が多い。アトピー性素因といって自分や家族が気管支ぜんそく、アレルギー性鼻炎、結膜炎、アトピー性皮膚炎のいずれかの病気にかかったことがあったり、アレルギー反応に関わる抗体のIgE抗体を作り出しやすい体質だったりする人はアトピー性皮膚炎になりやすい」
 厚生労働省の2014年患者調査によると、皮膚疾患で病院を利用した患者の数はアトピー性皮膚炎が2番目に多い。ちなみに1番は「アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎以外の皮膚炎および湿疹」の52万1000人となっている。
 「アトピー性皮膚炎は他の皮膚疾患よりも生活の質への影響が大きい。例えば、じんましんは、狭心症や心筋梗塞等、心臓カテーテルをしないといけないような患者さんと同じくらい生活の質が落ちるといわれる。そのじんましんよりも、アトピー性皮膚炎はさらに生活の質が落ちる」

 ◇診察時間は約4分

 製薬会社のサノフィが、2016年5月下旬から6月上旬にかけて国内のアトピー性皮膚炎の発症者ら1万300人を対象に実施した調査によると、症状の改善効果について「とても満足」「満足」「やや満足」との回答が、53.8%に上った。一方、医師とのコミュニケーションに関しては、「とても満足」が5.1%、「満足」14.4%、「やや満足」20.2%と、満足度は約40%にとどまっている。
 この結果から幸野教授は「症状には改善があったけれど、患者さんはもっと医師の話を聞きたかったと思っている」と、指摘する。こうした背景には、診察時間が短いことがあるようだ。
 「アトピー性皮膚炎の患者が、自宅を出てから診察を終えて家に戻るまでの所要時間は116.4分なのに対して、診察時間は平均4.2分。31.3%は2分以下。これではカップラーメンもできない」

  • 1
  • 2

新着ピックアップ