CEA

■消化器や肺がんのマーカー
 CEA(がん胎児性抗原)は健常人ではほとんど検出されませんが、喫煙者では正常値を超えることがあります。大腸がんや膵(すい)臓がん、胆管がん、肺がんなどで増加し、そのほか食道がん、胃がん、乳がん、子宮がん、卵巣がんなどでも増加することがあります。

■基準値:5.0ng/mL以下 *測定法により異なる

(執筆・監修:国際医療福祉大学医学部 主任教授〔臨床検査医学〕 下澤 達雄)