感覚機能の老化〔かんかききのうのろうか〕

 視力、聴力、嗅覚、味覚、いずれも低下します。
 視力は50歳以降には本を目から遠く離さないと見えにくくなるなど、老視といわれる状態になります。暗順応も低下し、目測を誤ったり、字が読みにくくなります。読書などに必要な光量は青年の10倍必要とされています。
 聴力は高い音が聞きとりにくくなり、同時に2つ以上の音から必要な内容を聞きとる弁別能が低下します。
 嗅覚も加齢とともに低下し、特に認知症ではガスのにおいなどに気づきにくくなるため、注意が必要です。
 味覚のなかでは、塩味を感じる力が老化によってもっとも低下します。このため塩分を多くとっても塩辛いと感じず、多量の塩分を摂取してしまい高血圧の原因になっていることがあります。塩味以外も味覚感度が低下し、古い食べ物の異常に気づかないことがあるので注意が必要です。
医師を探す