腎機能の老化〔じんきのうのろうか〕

 腎臓はもっとも老化の影響を受けやすく、尿を濃くする能力の低下は、夜間の尿回数の増加の原因となり、腎臓の尿生成単位(ネフロン)の半減に伴って、睡眠薬などの薬の効果が長びいたり、鎮痛薬などの薬の副作用が出やすくなります。
医師を探す