帯状ヘルペス性角膜炎〔たいじょうへるぺすせいかくまくえん〕

 水痘(すいとう)帯状ヘルペスウイルスによる感染症です。目の付近や鼻の皮膚に水痘ができます。角膜混濁は円板状で、ぶどう膜炎をよく併発します。
 治療は、抗ウイルス薬および副腎皮質ステロイド薬の点眼をおこないます。いったん完治しても体調がわるいときなどに再発することがあります。再発をくり返すと、角膜が混濁して視力障害となったり、角膜が穿孔(せんこう)し、角膜移植が必要となることがあります。
医師を探す