角膜潰瘍〔かくまくかいよう〕

 角膜上皮から深層に病変が及び、組織欠損を起こした状態です。治癒後に角膜白斑を残し、瞳孔近くに起こるといちじるしい視力障害を残します。
 原因別に感染性、非感染性および両者の混合性に分けられています。感染原因として細菌、真菌、ウイルスなどがあり、また非感染性のものとしてアレルギー性、外傷性、角膜軟化などがあります。感染性の場合には、ただちに細菌検査とそれに効果のある抗菌薬の点眼・内服が必要です。
医師を探す